読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巴裡 小川軒のレーズンウィッチ

 

東京土産は、なにがよいか。

 

いまどきは流通が発達しちゃって、日本中どこにいてもネットで大概のものが買えちゃいますよね。

 

なので、お土産選びになかなか困る昨今ですけど、目黒・新橋に店舗を構える「巴裡 小川軒」さんのレーズンウィッチは、お土産難民の救世主なのです。

 

 

今時のオシャレなお菓子ではないのですが、昭和の昔からずーっとある、ラムレーズンが香る美味しいレーズンサンドなのです。

 

あの、六花亭のマルセイバターサンドの起源は、この小川軒のレーズンウィッチであることは、あまり知られていませんね。

 

実はこの小川軒さん、兄弟間でいろいろあったようで、別々の法人格で同じ「小川軒」の名前でレーズンウィッチを出しているのです。

 

・代官山(長男)

・目黒、新橋(次男

御茶ノ水(三男)→ネット注文地方配送あり

・鎌倉(親戚)→ネット注文地方配送あり

 

 

次男さんのレーズンウィッチは、要冷蔵で5日しか日持ちしないので、地方配送には向かないのです。

 

また、突然お店にフラリと立ち寄っても、売り切れていることが多く、なかなか気軽にレーズンウィッチは買うことができません。

 

確実に入手するには、事前の予約注文が必要で、その予約注文は、受け取り希望日の2営業日前の17時までに完了させる必要があります。

 

↓予約フォーム

 

http://www.ogawaken.co.jp/sp/reservation/

 

今回、大阪へ遊びに行くのに、お会いする方への手土産にと、予約をして取りに行って来ました。

 

上記のサイトで予約をすると、すぐに予約受付のメールが届きます。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170326080817p:image

 

指定した日時に店舗へ参ります。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170326080230j:image

 

今回は仕事帰りに受け取るため、昭和レトロなビル、新橋駅前ビル一号館の店舗での受け取りを指定。

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170326081057j:image

この日もやはり完売のおことわりが貼り出されていました。

 

美味しさと、こだわりと、このちょいと手間がかかるところが、東京土産の救世主たる所以です!

 

あなたも東京土産におひとついかがですか〜?