読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックス。

 

誰でも緊張することってあると思うんだけど、、あたし、とにかく緊張しやすいんです。

 

緊張すると手と声が震えて、舞い上がっちゃう。けどね、それが他人からはまったく見えないらしいんです。

 

過去の話ですが、結婚式でスピーチを頼まれることが多かったのですが、毎度マイクの前に立つと頭ん中真っ白になって、わけわかんなくなって、わーわーわー!ペラペラペラー!冷や汗だらだらしながらなんとかかんとか、スピーチを終えて死ぬ思いで席に戻ると、同テーブルの友人たちから

 

「さっすがサマンサ!ほんと、堂々としててスピーチうまいわー!」

 

え???????

 

入社試験の面談とか、初めて人にお会いする場合とか、緊張しすぎて気持ち悪くなって吐きそうになるのね。

 

でもね、お会いするとやっぱり「物怖じしない感じで、全然そんな風に見えないですね!」って。

 

え???????

 

ここからコンプレックスの話ね。

 

これらのトピックは、きっとあたし身体がデカいからなんです。デカイってだけで、人の目には、パワフルで心臓にボーボーの毛が生えてる人間に映るみたい。。

 

田舎の方の観光地なんかに行くと、知らないおじいちゃんなんかは、悪気なく「あんた、でっかいねー!」とか言ってくるのね。

 

「あはははー!デカイでしょー!」って笑って受け答えしておきますけど、デカイ女はデカイことをコンプレックスに毎日生きてるので、悪気ないそういうやつこそ、かなり堪えたりして。。

 

オーストラリアに住んでた時は、自分が極めて普通サイズに思えて、毎日とっても過ごしやすかったけど、日本にいると、ほんと呼吸しづらい。

 

【呼吸しづらいケース】

・日本のお洋服は基本着られない

    着丈、肩幅、袖丈、身幅、全部寸足らず。

・乗り合いバスのシートがちっこい

・鏡の位置が随分低い洗面所に出くわす

・取引先や上司が自分より背が低いとき 

・ホテルや人間ドックなんかで、用意されるウエアやスリッパがちっこい

 

もうね、そういうのに毎日出くわすわけですよ。都度「デカくてごめんなさい、、」って思うのです。

 

(あ、ただ、縦の大きさは遺伝、横の大きさは自己管理だとすると、自己管理が足りてないのは認めます。笑)

 

逆にデカくて良かったのかな?って思うのは、この特徴的な身体のおかげで、すぐに覚えられちゃうので、お店なんかだと「先日もご来店くださいましたよね!」とか言ってもらえて、なんだか優遇してもらえることが多いこと。

 

あとは、海外でお洋服を買っても、お直し不要で着られること。

 

そんくらいかな。笑 

 

あ、んでね。

 

身体の大きさと、精神力は比例しないんですよ、いくら身体がデカくても、ノミの心臓を持ってる人間も、世の中にいるってこと、今日は覚えて帰ってください!笑

 

f:id:Samantha_TOKYO:20170409104345j:image

↑甘えんな!と言われるかもですが、最近ネットで見つけて勇気付けられた昔のボディショップのポスター。

 

以上です!(*´Д`*)